そば茶屋正庵

早いもので今年も残すところあと数時間。以前も書きましたが大晦日はお正月用のお刺身と蒲鉾を買いに小田原に出かけ、お昼に年越しそばを食べる、というの我が家の恒例行事となっています。

いつもは駅前の寿庵に行くのですが今年はびっくりするほど並んでいたので少し足を伸ばして正庵さんへいってきました。小田原城のちょっと先、三の丸ホールの裏手にあるお蕎麦屋さんです。(支店がミナカのフードコートにあります。)

二八そば

大晦日ということもありこちらのお店も大盛況。天ぷらは40分ほどかかるとのことだったので今回はシンプルなせいろを注文。細めでツルツルとした、喉越しのよいおそばでした。

夫はカレー南蛮。和風というよりしっかりスパイシーなカレースープで美味しかったです。

そばが苦手は子供はうどんを注文。(なっとう&おくら&山芋がトッピングされたネバネバ三種盛り。)


今年はようやく外食を楽しめるようになってきたのでブログもちょこちょこ更新できるようになりました。
来年も感染対策しながら外食を楽しんでいけたらなと思います。
みなさんも良いお年をお過ごしください。

アクセス

肉と向き合うNIKU-AZABU

互いのクリスマスプレゼントを見に行こうと久しぶりに夫と二人で上京。早めのクリスマスデートということにしてちょっといいものを食べようということでNIKKU-AZABU二子玉川店へ行ってきました。「新しいかたちの焼肉」をコンセプトとしたお店で、肉の焼き加減とタレの組み合わせを全てシェフにお任せする「お肉のフルコース」を楽しむことができます。

おまかせコース

タン、ハラミ、サーロンといった王道の肉に加え、豚ロース、鳥モモ、ささみ、ホルモンなど色々な部位&種類のお肉がずらり。それぞれ専用のタレで一枚ずついただきます。

13種類のお肉

こちらが用意された専用タレ。レモンやおろし、ワサビソース、マッシュルームソースなど、全て味の異なるタレが8種類。

8種類の特製タレ

最高の焼き加減で食べてほしい!ということで、お肉は全てお店の人が目の前で焼いてくれます。この焼き加減が実に絶妙で、特に豚ロースは「これが豚?」と思うくらい柔らかくジューシーでびっくりしました。

コース料理にはキムチとポテトサラダがセットになっています。

箸休めにぴったりなキムチ

いぶりがっこが入ったポテトサラダ。食感的にも風味的にもいい仕事をしていたので今度家でも真似してみようと思いました。

いぶりがっこ入りのポテトサラダ

肉が13種類なのにタレは8種類。残り5種類はどうやって食べるのかというと、お寿司やスープなどのアレンジ料理として出てきます。

黒毛和牛サーロインの炙り肉寿司キャビアのせ。まさに贅沢の極み。

 炙り肉寿司キャビアのせ

スープでいただくトリッパ。ホルモンはちょっと苦手…という人でも全く抵抗なく食べられると思います。

トリッパの吸い物

サーロインの焼きすき焼き。薄切りのサーロイン肉を軽くひと炙りし、割下&卵黄でいただきます。

サーロインの焼きすき焼き

〆は牛しぐれ茶漬け。やさしいお出汁でさらさらといただけます。

牛しぐれ茶漬け

「焼肉と言えば白ごはん」の白米至上主義者の私にとって白米なしで焼肉を食べるなんて我慢できない!と思っていましたが、大満足のコースでした。むしろ、白米を食べなかったからこそ13種類の肉一枚一枚と向き合い、それぞれの個性をしっかり味わい、堪能することができたのだと納得しました。(「今ここに白米がほしい!!!!」と悶えた瞬間は何度がありましたが…。)新しいかたちの焼肉、実に素敵な体験でした。

アクセス

「くりはら」の翡翠そば

今日はサイクリングがてら手打ちそば「くりはら」に行ってきました。

期間限定「翡翠そば」

お目当ては夏限定の翡翠そば。その名の通り、翡翠色をした大ぶりの茄子が主役の冷たいお蕎麦です。お出汁を吸った瑞々しい茄子が絶品!茄子好きにはたまりません。彩を添えるミニトマトとオクラもいい仕事をしています。

手打ちの十割そばはコシが強くてとても美味です。大葉&ミョウガの薬味が効いているので暑くて食欲がでない…なんて日にもさっぱり美味しくいただけること間違いなし。季節限定(8月末くらいまで)の期間限定商品なので気になる人はお早めに。

アクセス

喜旬のとろとろ親子丼

友達と喜旬(きっしゅん)のランチに行ってきました。

秦野喜旬

喜旬は水炊きや懐石料理が楽しめる秦野の小料理屋で、夜は一日二組までの完全予約制とハードルが高めですが、ランチタイムはどんぶりや定食をお手頃価格で楽しむことができます。

イチオシは親子丼

今回の狙いは親子丼です。(親子丼大好き!!)

喜旬の親子丼
親子丼九条ネギ入り ¥1000

見るからに美味しそうなとろとろ卵でとじられた親子丼。(しかも卵黄付き。)鶏肉は柔らかく、上品な旨味がありました。なんて丁寧な親子丼だろう!と感動しながら一気に食べてしまいました。

豚丼もおすすめ

こちらは友達が注文した「とろける豚と炙り豚の合い盛り丼。

とろける豚と炙り豚の合い盛り丼 ¥1100

二種のお肉がこんなに贅沢にのって1,100円はかなりお得だと思います。

ネギダレが絶品な豚丼

親子丼や豚丼ももちろん美味しかったのですが、セットの小鉢も絶品でした。青菜の煮浸しも冷製の揚げ出し豆腐もお出汁の味が上品で、大変美味でした。(このお店の懐石料理は絶対美味しいと確信しました。)いずれ夜のコースも行ってみたいと思います。

アクセス

横浜の元祖牛鍋

横浜にある「太田なにわのれん」へ行ってきました。明治元年創業の老舗店で、伝統的な牛鍋が楽しめます。

牛鍋御膳

今回いただいたのは「牛鍋御膳」。メインのぶつ切り牛鍋に小鉢、吸物、香の物、水菓子がセットになった土日祝日限定のランチメニューです。

小鉢の牛肉のしぐれ煮。柔らかくて旨味たっぷり。早速ご飯が欲しくなる味でした。

温かい季節だったので吸い物は冷製スープでした。添えられているのは牛の揚げ春巻き。

そしてこちらがメインのぶつ切り牛鍋。分厚くカットされた牛肉を特製の甘味噌ダレで煮込みます。

美味しそうに煮えてきました。調理から取り分けまで全て中井さんがやってくれます。

見た目はだいぶコッテリとしていますが、脂っこさはありません。ぶつ切りのお肉はトロリと柔らかく煮えていて、とても美味しかったです。お味噌の味は濃いめなのでご飯がとてもすすみます。お肉以外にはしらたき、ねぎ、春菊、焼き豆腐が入っていました。

この濃厚な甘味噌味であれば、肉を食べつけていない明治時代の人たちも、美味しく食べることができたのではないかなと思いました。

アクセス

足柄の青洞窟

子供の行事の帰り道に、足柄の和食レストラン「青洞窟」に寄りました。

日替わり重箱御膳

どのメニューも美味しそうだったので色々おかずが楽しめそうな「日替わり重箱御膳」を注文しました。

二段の重箱弁当の中にお刺身、ホタルイカの酢味噌和え、焼き魚、唐揚げなど色々なおかずが入っており、それとは別に炊き込みご飯と具沢山のお味噌汁がついてくるという豪華な内容で、これで2,000円はかなりお得だと思います。ちょっとずつ、いろんなものを食べたいというわがままを叶えてくれる素敵なランチセットでした。

アクセス

憧れの牛トロ丼

新型コロナの影響で修学旅行も卒業旅行も行けなくなってしまった娘へのプレゼントということで、弾丸北海道旅行をしてきました。前々から北海道へ行きたいと言っていた娘。理由は夫が5,6年前に北海道出張に行った際に送ってきた「牛トロ丼」の写真でした。それ以来「あのレアっぽいお肉がのった丼ぶりを食べたい!」と言い続けていました。

牛トロ丼とは?

牛トロ丼は十勝スロウフードが製造・販売している「牛肉の生ハム」を卵黄と一緒にいただくどんぶりです。生肉の取り扱いが厳しくなり、今はなかなか食べることができなくなってしまったユッケと似ています。

いざ北大中央食堂へ

牛トロ丼は北大の学食で食べられると聞いていたので、キャンパス見学を兼ねて北大へ行ってみました。

北大のキャンパス、広いとは聞いていましたが想像以上に広くてびっくりしました。キャンパス内に学食が6軒ほどあるし、車が走れる道路も走っていてほぼ街…。迷いながらも牛トロ丼を取り扱っていると口コミのあった中央食堂に行ってみたのですが、残念なことにこの日は取り扱っていませんでした。(新型コロナの影響でしょうか…。)

大衆食堂十勝居酒屋一心へ

そこでもう一つの候補であったシタッテサッポロの2階にある大衆食堂十勝居酒屋一心へ移動しました。ザンギや豚丼など十勝のソウルフードを色々楽しむことができる居酒屋で、ランチメニューで牛トロ丼を取り扱っています。

通常サイズは金色の特製腕に入ってできます。(アイキャッチは小サイズの丼)。あったかご飯の上に半分凍った状態の牛フレークがびっしりのっています。ご飯の熱でフレークが溶かされ、食べる頃にはいい感じのレア食感に。卵黄を絡めて食べることにより濃厚&レア感が増してよりユッケっぽくなります。

お好みで山わさびをすりおろして入れると爽やかな香りが楽しめます。(あまり辛くはありません。)特製タレは濃いので味をみながら好みの量を調整しながら入れるとよいでしょう。タレを入れすぎると折角の生肉感がなくなります。

大願成就を果たし娘はご満悦。私も久しぶりに生肉特有の旨味を楽しむことができました。

アクセス

箱根花紋の松花堂弁当

箱根花紋へ日帰り温泉旅行へ行ってきました。毎年冬には大学時代の友達とリフレッシュ日帰り温泉旅行に行くのが恒例となっていたのですが、ここ数年は新型コロナの影響で行くことができませんでした。

私がいつも利用するのは花紋の昼食付きの日帰りプランです。このプランは昼食と浴衣・バスタオルのレンタル代、アメニティ(フェイスタオル・ヘアブラシ・歯ブラシ)がセットになったもので、10時半から17時までの最大6時間半館内で過ごすことが可能です。

今回選んだのは松花堂弁当(¥5,500)のプランです。写真におさまっていませんが、これに豚しゃぶ、ごはん、味噌汁、漬物、デザートがつきます。見た目も美しく、お腹もいっぱいで大満足の内容でした。

花紋松花堂弁当

湯上がり後の休憩を個室でのんびりしたい!という場合には6畳の専用個室利用できる個室プランがおすすめ。お値段は2人利用時で1人あたり11,550円、4人利用時だと10,450円になります。お食事は花紋御膳が楽しめます。

花紋のお食事は事前予約が必須なので、入浴後食事も楽しみたいという場合は事前に「日帰りプラン」で予約をしておきましょう。お風呂だけ楽しむのであれば予約なしでも大丈夫です。(売店はありますがお土産物しかなく、軽食的なものは取り扱っていません。休憩所ではお茶とお水が飲めます。)

2月に訪問したので館内装飾も節分をイメージしたものになっていました。(四季折々で変わる館内装飾も見どころです。)

感染対策&警戒は不可欠ですが、また温泉旅行が楽しめるようになってきたのが嬉しいです。また来年も来られますように。

秦野の名店!石庄庵

お天気がよかったので軽いトレッキングを兼ねて「石庄庵」へ行ってきました。山奥&平日なのに混んでいて、近隣を散策したり看板犬と遊んだりしながら40分ほど待ちました。秦野の中でも僻地と言われる場所にありますが、根強い人気があるお店のようです。

天せいろ&そばがき

全体的に値段は高めですが、その価値はあると思います。手打ちの蕎麦は香りよし、のどごしよし。天ぷらもとてもおいしかったです。
特に感動したのはそばがき。うず高く盛られたそばがきはもちもちとした弾力があり、香りも高く絶品でした。

石庄庵のそばがき

アクセス

山さんの金沢おでん

この夏の金沢旅行の最後を締めくくったのは山さんの金沢おでん。上品なお出汁がシミシミに染み込んだ大根や練り物、肉厚なお麩はとっても美味でした。

山ちゃんのおでん

金沢おでんの定義は「おでんのネタに金沢の食材を使っている」ことらしいです。そのため、お店によって出汁の感じも異なるようです。

また、こちらのお店ではごり煮などの郷土料理も楽しめます。金沢駅の金沢百番街にあるので、ギリギリまで金沢の味を楽しみたい方にオススメのお店です。

山さんの金沢おでん

アクセス

error: Content is protected !!