暗闇の珈琲専門店「カフェ鈴木」

知る人ぞ知る、コアなファンが多い珈琲専門店です。隠れ家として愛用しているので教えたくない…でもこのお店の美味しい珈琲は知ってもらいたい…という複雑な思いがあり今までブログに載せてなかったのですが、久しぶりに行ってやっぱり美味しい&知ってもらいたいという気持ちの方が大きくなったので紹介することにしました。

ひっそりとした外観

本厚木駅から徒歩5分。厚木公園(通称:はとぽっぽ公園)前にひっそりと建っています。おそらく知らなければここがお店であることも気が付かないと思います。目印は無骨で背の低い扉と「鈴木」の表札。

カフェ鈴木

扉に「営業中」の札が出ていればOK。中の様子が全く見えないので不安になるかもしれませんが勇気を持って扉を引きましょう。

中は昼間でも驚くほど真っ暗で、店内前方にライトアップされた巨大なエスプレッソマシーンだけが浮かび上がっています。ひんやりとした空気、そして響き渡る大音量のオペラ…。まるで秘密結社のようで最初はびっくりするかもしれません。

自家焙煎珈琲専門店

珈琲専門店ということで紅茶やジュースはなく、エスプレッソ系のドリンクのみ。カプチーノ、ラッテ、マキアート、いずれも美味ですが私のお気に入りはエスプレッソ・コンパンナ。エスプレッソにホイップクリームを加えたいわゆるウィンナー・コーヒーです。ふわふわのホイップクリームの甘さとエスプレッソの苦さのバランスが絶妙です。

カフェ鈴木

そしてもう一つ外せないのがチーズケーキ。テリーヌ系の超濃厚なチーズケーキで珈琲との相性が抜群です。

カフェ鈴木のチーズケーキ

カフェ鈴木ならではの一品を…という場合にはカフェ・コレットがおすすめです。エスプレッソとストレートのラム酒を交互に飲みながら、付け合わせのチョコラ&チーズケーキを楽しめるスペシャルなセットです。

一人静かに珈琲と向き合い、珈琲を愉しむ…珈琲好きの方にはぜひ一度訪れてほしいお店です。

お店で自家焙煎している豆は購入することも可能です。お店の「イーグル」で淹れたものには敵いませんが、自宅でも鈴木さんのエスプレッソを楽しむことができます。

アクセス

ヒルトン小田原のアニマルスイーツビュッフェ

ヒルトン小田原のアニマルスイーツビュッフェに行ってきました。ザ・ロビーラウンジで開催している土日祝日限定イベントで、会場には動物をモチーフにしたかわいいデザートがずらりと並んでいました。

かわいいアニマルデーザート大集合

パンダのほろ苦いコーヒーゼリーにワニのエクレア、キリン模様のふわふわロールケーキ…。どのスイーツも食べるのがもったいないくらい可愛かったです。

コーヒーパンダゼリー
コーヒーパンダゼリー
クロコダイルエクレア
クロコダイルエクレア
キリンのロールケーキ
キリンのロールケーキ
マンゴーココナッツラビット
マンゴーココナッツラビット
こぶたのショートケーキ
こぶたのショートケーキ
フラミンゴベリータルト
フラミンゴベリータルト
ひよこのチョコレートケーキ
ひよこのチョコレートケーキ

色々悩んだ結果、とりあえずこの4つをとりました。奥にあるのはポテトチップス。

しょっぱい系お菓子の用意もあるので甘い→しょっぱいの無限ループに突入しちゃいそう。

ポップコーン&ポテトチップス
ポップコーン&ポテトチップス

ドリンクも色々

ドリンクバーにはホット&アイスのコーヒーと紅茶、オレンジジュースがありました。ホットの紅茶はディルマ紅茶(スリランカ)のブレックファーストティー、アールグレイ、ジャスミンティー、ピーチティー、マンゴー&ストロベリーティー、ペパーミントティーの6種類のティーバッグが用意されていました。

ドリンクバー
ドリンクバー

軽食コーナーも!

スイーツだけでなくお腹にたまる軽食も用意されていました。パンはユニークな表情がかわいいおさるのバナナブレッドとバジル風味のスネークブレッドの二種類。

モンキーバナナブレッド
モンキーバナナブレッド
バジルスネークブレッド
バジルスネークブレッド

ハムやチーズ、野菜を挟んで自分でサンドイッチを作るセルフサンドイッチコーナーとサラダ。

サンドイッチバー
セルフサンドイッチコーナー
サラダバー
リーフサラダと三種のドレッシング

軽食コーナーの一番人気はホテルのオリジナルカレー。お腹が膨れるトラップアイテムだとわかっていてもついつい食べてしまいました。洋風のビーフカレーで美味しかったです。

限定デザート

メニューのうち「くまのコーンカップケーキ」と「うさぎのパフェ」は一人一つずつのスペシャルデザートとなっています。

くまのコーンカップケーキ
くまのコーンカップケーキ

ホワイトチョコレートをベースにしたクリームの上にクマ型のラングドシャがのっています。コーンの中にはチョコクランチが入っていて見かけよりもボリューミーでした。

うさぎのパフェ
うさぎのパフェ

うさぎのパフェはスタッフの人が席まで持ってきてくれます。ビスケットの上のうさぎはくまと同じホワイトチョコクリームでできています。グラスの中身は白桃のコンポートとライチのシャーベット。甘酸っぱいベリーソースとまぜていただきます。

どちらの限定デザートも結構なボリュームがあるので、ビュッフェのスイーツは食べたいものから選んで食べていくことをお勧めします。(楽しみは一番最後にとっておく…なんてすると、その前にお腹が膨れてしまいます。)

アニマルスイーツビュッフェの開催期間は9月18日まで。8月5日〜13日のお盆期間は毎日開催しているそうです。料金は大人が4,500円、小学生が3,000円。日帰り温泉や岩盤浴、プールとセットになったお得なプランもあるので、夏休みの日帰りレジャーとしてもおすすめです。

アクセス

海老名のガレットやさん

昨年の秋に海老名の「ビナガーデンズパーチ」内にオープンした2343 DEPARTMENT。この近隣で本格的なガレットが食べられる貴重なお店なので、オープン当初から足繁く通っているお気に入りのお店です。

地元とのつながりを大切にした地産地消のレストランで、食材もテーブルウェアも近隣の生産者のものにこだわっているようです。

ランチセットには飲むお酢、サラダ、スープがつきます

おすすめはガレット&クレープ

このお店のスペシャリテは本場フランス仕込みのガレットとクレープ。具材は季節によって変わるのでリピートしても飽きることはありません。

サーモンのガレット&カプチーノ

春先に食べたいちごのクレープ。薄手のクレープなので食事の後でもサクッといただけてしまうのが怖いところ。(とても美味しかったです。)

いちごのクレープ
いちごのクレープ

ガレット、クレープの他にも月替わりのプレートランチやカレーが楽しめます。春先には「いちごのカレー」なんていうのもありました。

月替わりのプレートランチ(豚の味噌漬け焼き)

キャッシュレス店舗

このお店のちょっと厄介なところが現金での決済ができないところ。支払いは電子マネーまたはクレジットカードのみとなっています。キャッシュレス限定な分、電子マネーには各種対応(UNIONPAY・QUICKPAY・SUICA・PASMO・PAYPAY・LINEPAY・auPAY・d払い・楽天PAY・ALIPAY・WECHATPAY)しているのでお出かけ前にチャージしておきましょう。

アクセス

大雄山駅の隠れカフェフランク

今日は子供のコンクールを見に行くために初めて大雄山駅に降り立ちました。会場に行く前にお昼を済ませておこうとふらりと入ったのが駅近くの「cafe&pubフランク」。

昔ながらの喫茶店という感じのアットホームな雰囲気が漂う店内。カンター席とソファ席がありました。

大満足のボリュームランチ

夜はパブとして営業しているようですが、お昼はお味噌汁とドリンクが付くお得なランチメニューを取り扱っていました。このボリュームのオムライスがなんと900円!

オムライス
ボリュームたっぷりのオムライス

アイキャッチのハンバーグプレートにはお味噌汁とドリンクに加えてご飯もついてきました。デミグラスソースたっぷりのハンバーグのおかげでご飯が進みまくり、昼からガッツリ大満足のランチを楽しむことができました。

アクセス

瀬戸屋敷のカフェ

今日は夫と二人開成町にある瀬戸屋敷に行ってきました。お目当ては瀬戸屋敷内にあるhacco(ハッコ)というカフェです。

cafe haccoはその名前の通り、発酵をテーマにしたカフェで、甘酒や麹などの発酵食品を使ったスイーツを取り扱っています。

今回は食べる甘酒とスコーンのセットを注文。発酵レーズンバターに、ブルーベリーのジャム、そして「みりっぷ」というみりんがベースになったシロップをつけていただく、ちょっと和テイストなスコーンでした。

瀬戸屋敷はひなまつり&あじさいまつり以外のシーズンはひっそりとしているので、密を気にせずのんびりと散策を楽しむことができると思います。

アクセス

とらや工房

昔から贈答品としてよく使われている、高級最中の代名詞とらや。そのとらやの工房が御殿場にあります。休日はもちろん、平日でもそれなりに混んでいますので、行列覚悟で行くのをオススメします。

一番の人気商品はどら焼き。工房はガラス張りになっており、職人さん達が一つ一つ丁寧にどら焼きを作っている様子を見る事ができます。

工房に併設されたカフェでは、どら焼きや最中以外にもぜんざいや大福などの和菓子をいただく事ができます。

とらや工房のぜんざい

和菓子は月ごとに変わるので、リピートする楽しみがあります。

とらや工房の和菓子

工房の周りは庭園と竹林があるので、散策も楽しめます。

アクセス

湘南パンケーキ

小田原にあるちょっとおしゃれなパンケーキ屋さん「湘南パンケーキ」へ行ってみました。

パンケーキはもちろん軽食も

パンケーキを食べに来たのに、湘南ステーキカレーカレーが気になってしまい…。私はカレー、夫はパンケーキを注文してシェアすることにしました。

湘南パンケーキのカレー

スパイシーな洋食屋さんのカレーといった感じでおいしかったです。個人的にはお肉はステーキでなくて、一緒に煮込んでくれた方がよかったかな…と

パンケーキは迷うことなく季節限定のオレンジのパンケーキをチョイス。オレンジピールのソースにシトラス系のジャーベットがトッピングされた爽やかなパンケーキでした。生地もシフォンケーキのようにふわふわで軽いので甘いのはそんなに…という人でもあっさりいけると思います。

カレー、パンケーキどちらにもプラス300円でドリンクをつけることができます。自家製ジンジャエールはピリリと辛め、レモネードはすっきり元気になるお味でした。

アクセス

error: Content is protected !!