ヒルトン東京の「お肉アフタヌーンティー」

ヒルトン東京で開催しているほうきに乗った秋のお肉アフタヌーンティーに行ってきました。2階のメトロポリタングリルで開催している期間限定(8月29日~ 12月21日)イベントで、その名の通り「お肉が主役」の一味変わったアフタヌーンティーでした。

お肉を引き立てるサイドディッシュ

秋といえばハロフィンということで、スタンドは魔女のほうきのをイメージした木製のものでした。それぞれの段に前菜やサラダ、スープ、デザートがセッティングされています。

サイドディッシュは全部で7種類。お肉だけでなくお芋やかぼちゃなど季節の野菜も楽しめるメニューでした。お気に入りはこの二つ。

スモークサーモンとクロッフル
かわいいミニハンバーガー

グリル焼きのお肉三種

メインのお肉料理はレストランのグリルカウンターで桜の薪を用いて焼いたチキン、ビーフ、スペアリブの3品。(写真は3人前。)

ダイナミックなメインのお肉料理

左側から「ジャマイカンジャークチキンウイング」、「スロークック ビーフサーロイン」、「スモーク BBQリブ メープルグレーズ」。チキンは辛味のあるスパイシー系のお味。サーロインのお肉はとても柔らかくて美味しかったです。BBQリブはワイルドに手持ちでかぶりつきたい衝動にかられました。(びっくりするくらいナイフの切れ味が悪くて苦戦しました。)

デザートはスイートポテトパンナコッタに無花果のタルト、そしてマカロンとモンブランケーキの4種類。秋を感じるスイーツでした。

無花果のタルト
マカロンとモンブランケーキ
マカロンとモンブランケーキ

甘いものがそんなにたくさん食べられないお年頃になってきたので、こうしたおかず系メインのアフタヌーンティーが流行り出したのは嬉しいですね。

アクセス

個室でステーキ!東京駅のSAMURAI

高校時代の友達がこの夏フランスへ移住することが決まったので、同期で集まり壮行会を開くことに。名古屋から来る子もいるので新幹線のアクセスがよいお店にしよう…ということで「SAMURAI dos Premium Steak House」に行ってきました。

「SAMURAI dos Premium Steak House」は鉄鋼ビルの地下一階、東京駅の八重洲北口から歩いて2分くらいの場所にあります。完全個室(全14部屋)なので、ゆっくり過ごすことができました。

特選牛テンダーロインステーキのランチ

今回は特選牛テンダーロインステーキのランチコースをいただきました。

前菜はアブラナ科の野菜を使った「たっぷり酵素サラダ」。ステーキハウスでデトックスとはこれ如何に…という疑問がわかなくもないですがお肉を食べる前にしっかりお野菜を摂るのは大切ですよね。

デトックスサラダ
デトックスサラダ

12時間かけて煮込んだというお店自慢の「濃厚ビーフコンソメスープ」。具のないシンプルなスープで見た目はあっさりしていますが、牛肉の旨味がギュッと濃縮された大変コクのあるスープでした。(白米にかけて食べたくなりました。)

濃厚ビーフコンソメスープ
濃厚ビーフコンソメスープ

メインのお肉はテンダーロインステーキ120g。いわゆる「ヒレ」と呼ばれる部位で、脂身が少ない赤身のお肉です。焼き加減は一人ずつ好きなものを指定できます。私はお店お勧めのミディアムレアにしました。赤身ならではの肉の旨みのありながら、肉質はやわらかいステーキでとても美味でした。

特選牛フィレステーキ
特選牛のテンダーロインステーキ

ご飯は「北海道ゆめぴりかともち麦ごはん」と「刻みオリーブと釜揚げしらすごはん」の二種類から好きな方を選べます。刻みオリーブとしらすという組み合わせが気になったのでそちらを選びましたが、不思議とマッチして美味しかったです。

刻みオリーブと釜揚げしらすごはん
刻みオリーブと釜揚げしらすごはん

デザートは季節の果物と和洋の甘味のセット。食後のドリンクはコーヒーと紅茶が選べます。

旬の果実と甘味
旬の果実と甘味

個室でゆっくり美味しい食事をしながら旧交を深めることができました。一時帰国の際にはまたみんなでここに集まりたいなと思わせてくれる素敵なお店でした。

アクセス

さわやかのげんこつハンバーグ

御殿場に住む友達に「げんこつハンバーグ」でお馴染みの「炭火焼きレストランさわやか」に連れて行ってもらいました。

看板メニューのげんこつハンバーグは、250gで1265円。このボリュームでこのお値段はかなりお得だと思います。こちらにライスorパンとコーヒーのつくAセット、ライスorパンとサラダがつくBセット、ライスorパンとスープ、コーヒーのつくCセット、お味噌汁とごはんのつく和風セットなどを組み合わせて注文することができます。

げんこつハンバーグは名前の通り、大きくてまん丸なハンバーグです。まん丸のハンバーグが熱々の鉄板に乗った状態でテーブルに届き、お店の人が目の前でハンバーグを半分にカット、レア状態の切断面を鉄板に押し付けて火を通す仕上げ焼きをしてくれます。熱々&肉汁たっぷりジューシーなハンバーグで美味しかったです。

さわやかの待ち時間

さわやかは電話やWebで予約をとることはできないので、お店で順番待ちするしかありません。御殿場プレミアムアウトレット店など人気スポットにある店舗は、平日でも200分待ちなどディズニーランド並みの待ち時間となっているようです。

まずは順番待ち番号券を発行

驚きの待ち時間ですが、お店の入り口にある発券機で「順番待ち番号券」を発行してもらえさえすれば、店の前で待ち続ける必要はありません。「順番待ち番号券」に印字されたQRコードを読み込むと、自分の順番と残りの待ち時間がわかる仕組みになっているので、順番が近くなるまで別の所で時間を潰すことができます。さらにメールを設定すれば来店呼び出しのメールを送ってもらうことも可能です。

アウトレットに着いたらまずはさわやかで「順番待ち番号券」を発行してもらい、呼び出されるまでショッピングを楽しむ…という流れがスムーズだと思います。

急がば回れ戦法

さわやかのウェブサイトで全店舗の待ち時間をリアルタイムで確認することができます。繁忙期のアウトレットはかなり長時間待たされることがあるので、空いている別店舗に移動するというのもアリです。さわやかは静岡県内に34店舗展開しており、店によって混雑状況はかなり違います。

ちなみに私は友達が朝イチに整理券を取りに行ってくれたので、開店してすぐ入店することができました。
持つべきものはさわやか徒歩圏の友達!

アクセス

鎌倉コアンドルのビーフシチュー

祖母のお墓参りに行った帰りに、娘と母、叔父の4人で鎌倉のコアンドルへ行ってきました。鎌倉の老舗洋食レストランで、レトロで落ち着いた雰囲気のお店です。

ビーフシチューセット

コアンドルの看板メニューはホテルオークラ出身のシェフが作る、昔ながらのビーフシチュー。セットメニューは特製ビーフシチューにサラダ、ガーリックトースト、デザートの自家製クリームブリュレとコーヒーがついています。

鎌倉野菜のサラダ

叔父が「ここはオニオンスープも絶品だから!」と強くおすすめしてくれたので、追加でオニオンスープもお願いしました。確かに絶品でガーリックトーストと好相性でした。

オニオンスープ
絶品オニオンスープ

ビーフシチューはグツグツと煮立った状態でやってきます。真ん中にあるのは金柑。(ちょっと珍しいですよね。)お肉はとても柔らかく、トロトロに煮込まれています。

鎌倉コアンドル

もうお腹いっぱいでデザートまではいらないかも…と思ったのですが、クレームブリュレは別腹でした。表面カリカリ、中はひんやりトロリで大変おいしかったです。

自家製クレームブリュレ

アクセス

食堂バール Derako

イタリアの喫茶&バー「バール」をイメージした「食堂バールDerako」。店内には気になるメニューがずらりとぶら下がっています。

ボリュームたっぷり!チーズカレー

本日のランチには「骨付き鶏もも肉鉄板焼きチーズカレー」を注文してみました。鉄板焼きでチーズカレーで、鶏もも肉…全くイメージがわきませんが、とりあえずカロリーが高そうなことだけはわかります。そしてでてきたのがこちらです。

思った以上に大きな鶏もも肉がどーんとのっています。ライスの上にトマトベースのカレーをかけてチーズと骨付き鶏もも肉をのせてこんがり焼き上げており、イメージとしては、カレー味のドリアといったところでしょうか。トロトロチーズとカレーのルーがまざって美味です。チキンはこんがり焼かれているためさっぱりしており、見た目ほど重たくありません。しかし、ライスがたっぷり入っておりかなりお腹一杯になります。これで1000円はなかなかお得です。

アイキャッチの写真は豆乳のパスタ。柔らかい豚肉と茄子が入っており、豆乳がクリーミーでした。こちらも結構ボリュームがあるようです。

お昼時のランチセットにはサラダ、スープ(日替わり)、ドリンクがついてきます。ドリンクは紅茶やコーヒーの他に、お店で作っているフルーツ酢を選ぶことができます。新作オレンジ酢は甘酸っぱくてフレッシュで元気が出ます。

夜のバーメニューも試してみたいところです。

アクセス

error: Content is protected !!